第12回 レギュラトリーサイエンス学会学術大会 社会実装を加速するレギュラトリーサイエンス
大会長
堤 康央
(大阪大学大学院薬学研究科 教授)
会 場
一橋大学一橋講堂
千代田区一ッ橋2-1-2 学術総合センター
日 時
99
910
 
大会長講演
10:00~10:30
 
特別講演
10:30~12:00
 
シンポジウム
13:40~18:00
 
シンポジウム
9:30~11:30, 13:00~15:00, 15:15~17:45
 
大会長企画シンポジウム
9:30~11:30
No regulation, No medical innovation
~健康・医療イノベーションを担うレギュラトリーサイエンス人材育成戦略~
 
大会長企画シンポジウム
13:00~16:30
レギュラトリーサイエンス研究・教育・人材育成の現状と展望
~革新的医薬品・医療機器・再生医療製品実用化促進事業(核酸医薬)の事例を中心に~
座長:
堤 康央
大会長
演者:
澤 芳樹
(大阪大学大学院医学系研究科保健学科未来医療学寄付講座教授)
川西 徹
(内閣府食品安全委員会委員、元国立医薬品食品衛生研究所所長)
森 和彦
(日本製薬工業協会専務理事、前厚生労働省大臣官房審議官)
  • レギュラトリーサイエンスの萌芽研究最前線
  • 将来に向けて医療情報エコシステムの構築を―賛同者募る―
  • 医薬品の薬事承認におけるリアルワールドデータの利活用
  • 非臨床開発領域における信頼性保証~ Update
  • 医療機器に関する人材育成
  • ICH 品質ガイドラインの動向と実装に向けた課題
  • 生体模倣システム(Microphysiological System:MPS)の
    行政受容を指向した最新の国内外動向と日本の取り組むべき課題
  • 医療用医薬品の承認書記載の課題について
  • 緊急事態における薬事承認制度
    ―国産治療薬・ワクチンをめぐって―
  • AI 医療機器に関する規制の導入プロセスと国際比較
    ―今後の人材育成を踏まえて―
  • 最新技術を利用したSaMD を取り巻く動向
 
一般演題(口演)
9月9日(金) 15:10-16:22
 
一般演題(ポスター)
ポスター掲示:9月10日(土) 10:00~15:00
討論:9月10日(土) 11:40~12:50
※応募・採択数によっては9月9日(金)にも実施します。
今後、タイトル等は変更となる可能性があります。