第10回 レギュラトリーサイエンス学会学術大会 臨床研究とレギュラトリーサイエンス
大会長
豊島 聰
公益財団法人日本薬剤師研修センター代表理事
開催場所
一橋大学 一橋講堂
千代田区一ツ橋 2‒1‒2 学術総合センター
9月11日[金]
大会長講演
10:00~10:30
 
豊島  聰
公益財団法人日本薬剤師研修センター代表理事
第10回大会記念シンポジウム
10:30~12:30
 
座長
豊島  聰
公益財団法人日本薬剤師研修センター代表理事
大野 𣳾雄
公益財団法人木原記念横浜生命科学振興財団理事長
一般社団法人レギュラトリーサイエンス学会理事長
演者
桐野  豊
徳島文理大学名誉学長・名誉教授
近藤 達也
一般社団法人 Medical Excellence Japan理事長
永井 良三
自治医科大学学長
笠貫  宏
早稲田大学特命教授、
早稲田大学医療レギュラトリーサイエンス研究所顧問
シンポジウム
14:00~16:00
 
  • 日本におけるPPI
    (Patient and Public Involvement)の実践
  • 適切なデータベース調査のための
    アウトカムバリデーションの意義と実例
  • 医薬品リテラシーの更なる向上に向けて
    ~患者視点での医薬品情報のあり方を改めて考えてみる~
  • 中分子ペプチド医薬品開発に向けた規制上の課題と取組
一般演題(口演)
16:20~17:50
 
9月12日[土]
シンポジウム
9:30~18:15
 
  • Decentralized Clinical Trial(DCT)
    -医療機関への来院に依存しない臨床試験手法-
    の日本での実現に向けて
  • "再生医療"での治療法開発における
    レギュラトリーサイエンス上の課題
  • 小児用医薬品を取り巻く新たな制度と
    今後の開発促進への期待
  • 疾患レジストリの薬事規制活用に向けて
  • 医療情報データベース研究における
    MID-NETの利用と今後の展開
  • 薬機法改正の医療機器への影響
    ̶何がどう変わるのか?̶
  • 医療機器の医師主導治験の経験と最近の動向について
  • レギュラトリーサイエンス教育の新展開
  • MPSの実用化に向けた規格化を取り巻く状況と今後の課題
一般演題(ポスター)
10:00~15:00
 
※ 今後、タイトル等は変更となる可能性があります。