第8回 レギュラトリーサイエンス学会学術大会 臨床研究とレギュラトリーサイエンス
9月7日[金]
  •  一般演題・口演 11:00-
  •  大会長講演 13:00-13:30
楠岡 英雄
(国立病院機構理事長)
  •  特別シンポジウム 13:45-15:45
[座長]
楠岡 英雄
国立病院機構 理事長
[演者]
藤原 康弘
国立がん研究センター 企画戦略局長
森光 敬子
厚生労働省医政局研究開発振興課 課長
国忠  聡
日本製薬工業協会 医薬品評価委員会 委員長
  •  シンポジウム 16:00-18:00
  • 臨床研究の信頼性 -チームで品質をデザインする-
  • ICH E17ガイドラインが変える国際共同開発のあり方
  • 患者申出療養における評価基準のあり方と患者の自己決定権:レギュラトリーサイエンスは社会的倫理にどのような貢献ができるか
大会長
楠岡 英雄
国立病院機構理事長
開催場所
一橋大学 一橋講堂
千代田区一ツ橋 2‒1‒2 学術総合センター
9月8日[土]
  •  一般演題・ポスター 10:00-15:00
  •  シンポジウム 9:30-17:45
  • 臨床研究法における認定臨床研究審査委員会をめぐる課題
  • 試験情報・結果開示の新展開
    -臨床試験の透明化とClinical trial data sharingを含めた研究への活用-
  • 医師主導治験データの取扱と利用手続きに関するオールジャパン調査
  • 申請電子データ提出及びゲートウェイを介した承認申請による審査の変化と今後の期待
  • バイオ人材育成の現状と展望
  • Cardio-Oncology の現状と今後の課題
  • ヒト細胞加工品の造腫瘍性を評価・管理するための試験法に関するグローバル・コンセンサス形成に向けた官民共同研究
  • 医療機器のReal World Dataをどう活用するか
  • 医療機器に係る最新のレギュレーションを活用した医療機器開発
    -革新的医療機器 条件付早期承認制度・先駆け審査指定制度-